COURSE

初心者には優しく、上級者には厳しく、
プレーする人のレベルとその時々の気持ちに、
バリエーション豊かに応えられるように工夫された戦略性は、
いずれのホールでも攻略法に応じた
正確な球の落とし場所を求めています。

Original

OUT

HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
PAR 4 4 3 4 5 4 4 3 5 36
HDCP 3 9 13 1 7 5 17 15 11 81
ベント バック 438 428 168 443 549 437 350 216 526 3555
レギュラー 359 362 123 406 524 398 302 166 471 3111
レディース 306 343 103 336 482 321 274 146 452 2763
バック レギュラー レディース
ベント 438 359 306

スターティングホールの第1打は、広々としたフェアウェイの右サイドがベストポジション。
右サイドにボールを運ぶことで第2打の距離を短縮することができる。
第2打は少々打上げとなるので、大きめのクラブで攻めるよよい。

バック レギュラー レディース
ベント 428 362 343

2番ホールの第1打は、このホールの攻略を左右する大切なショットになる。
ロングヒッターは、右サイドのOBに注意。
第2打は打ち下ろしとなるが、ヤード表示通りのクラブで攻めてみよう。

バック レギュラー レディース
ベント 168 123 103

3番ホールは、グリーンの手前および両サイドがバンカーでガードされている。
グリーンセンター狙いでバーディーチャンスの可能性がある。

バック レギュラー レディース
ベント 443 406 336

4番ホールは、ティーグラウンドの右サイドを使用する事で、コースを広く使う事ができる。
狙い目はフェアウェイ右サイドであるが、ロングヒッターは左サイドぎりぎり狙えば第2打が有利である。

バック レギュラー レディース
ベント 549 524 482

5番ホールはやや登り気味で、フェアウェイは右下がりの傾斜となっている。
アベレージゴルファーは、フェアウェイ左サイドが狙い目。
ロングヒッターの場合は、フェアウェイ右サイドバンカー越えで距離を短縮する事が出来るが、第3打は残り100ヤード地点が狙いやすい。

バック レギュラー レディース
ベント 437 398 321

ティーショットはフェアウェイのセンターか、やや右寄りがベストポジション。
フェアウェイ左サイドには深いバンカーがあり、ここに入れると次打は出すだけのショットになる。
第2打は、手前のバンカーを避け、ヤード表示よりやや大きめのクラブで狙ってみよう。

バック レギュラー レディース
ベント 350 302 274

7番ホールは打ち下ろしの短いホールで、バンカー越えを狙うか、手前に打つか悩むホール。
グリーンのピン位置も考えて攻めたい戦略的な名ホールである。

バック レギュラー レディース
ベント 216 166 146

距離のあるやや打ち下ろしのショートホール。
左サイドのバンカーを避け右サイドから攻めたいが、右のOBに注意。
使用クラブの選択が決め手となる。

バック レギュラー レディース
ベント 526 471 452

ティーショットの狙い目は、フェアウェイ右サイドであるが、見た目以上にタイトなショットを要求している。
攻める場合、第1打はドライバーを使用し、第2打で池越えをすれば、2オン可能。
パー狙いの場合は、アイアンでのティーショットも考えられるホールである。

IN

HOLE 10 11 12 13 14 15 16 17 18 合計
PAR 4 4 3 4 5 4 4 3 5 36
HDCP 4 12 18 8 16 2 10 14 6 90
ベント バック 378 360 151 418 494 402 405 195 552 3355
レギュラー 364 328 116 361 437 372 381 153 509 3021
レディース 331 263 101 334 387 352 330 131 493 2722
バック レギュラー レディース
ベント 378 364 331

10番ホールは、ティーショットでドライバーを使うと非常に難易度が高い。
残り150ヤード地点に安全に刻みセカンドは大きめのクラブで攻めたい。

バック レギュラー レディース
ベント 360 328 263

距離の短いミドルホール。
10番ホール同様、ティーショットが鍵となる。

バック レギュラー レディース
ベント 151 116 101

このホールは、一見小さなパー3のホールであるが、距離だけがホールを難しくするのではないことを実感する。
正確な距離感とショットでパーを狙ってみよう。

バック レギュラー レディース
ベント 418 361 334

フェアウェイ右サイドには、フェアウェイバンカーがあるので、狙い目は左サイド。
セカンドはミドルアイアンのショットとなるが、少し打ち上げとなるので距離感を大切に。

バック レギュラー レディース
ベント 494 437 387

フェアウェイ左サイドに池がある14番ホールは、美しくバーディーチャンスのホールである。
2オン狙いも可能であるが、グリーン左サイドの池に注意をする。

バック レギュラー レディース
ベント 402 372 352

少し登りの15番ホールは、フェアウェイ左サイドが狙い目。
セカンドショットは、左サイドのバンカーを避け、右サイドから攻めよう。

バック レギュラー レディース
ベント 405 381 330

16番ホールは、美しい打ち下ろしのミドルホール。
コース左サイドの池とバンカー(マーシュランド)に注意。

バック レギュラー レディース
ベント 195 153 131

17・18番は、ミッションバレーゴルフクラブの名物ホールともいえる。
池越えショットに自信のない人は、グリーン左サイドからアプローチとパットでパーを狙うこともできる。
このホールは、いろいろな攻略法が考えられるが、それはあなたの気持がその時に保守的か攻撃的かによって決まってくる。

バック レギュラー レディース
ベント 552 509 493

ティーショットで左サイドの池ぎりぎりを狙えば、第2打は楽になるが、大きな賭けになる。
また、第2打は、グリーン手前の池を越えるか、刻むかの判断に迷うところ。
刻んでいくならば、ミドルアイアンの第3打となる。
ギャンブルトライで池越えをすれば、楽なサードショットとなり、バーディーにもつながる。
このホールは特にトーナメントやクラブ競技を行う場合、最高のエキサイティングホールとなるように工夫されている。